Archive

Archive for 1月, 2012

土地価格を調査してみる

1月 4th, 2012 Comments off

土地価格には、時価、工事価格、路線価、基準地価などがあります。
それぞれ表す数値が違い、意味も違います。
⇒時価
実勢価格のこと。時価は地元の不動産鑑定士などに鑑定してもらう。
これにはコストがかかるため、不動産情報誌や新聞の折り込み広告をチェックして、相場観を知る。地元のその土地が、その時いくらで売れているかを知るための価格。
⇒路線価
相続税、贈与税を算出するための価格。課税対象としての財産の評価価格で、国税庁が決める。
実税価格よりは低い価格になっている。(路線価は公示価格の80パーセント程度)路線価は税務署に問い合わせるとわかる。
⇒公示価格
国土交通省の土地鑑定委員会が決める価格。土地取引は、公示価格を目安にするようにと作られた価格だが、拘束力がない。そのため実勢価格とはずれた価格になっている。1月1日に発表される。
⇒基準価格
毎年7月1日の時点で、都道府県が判定した土地価格を発表する。1月1日の工事価格と合わせて、土地取引の目安になる金額。都市計画区域外の物件の価格が発表され、土地価格情報の中でもっとも一般土地取引の指標になる価格。
これらの土地価格を参考にして、土地の価格が適正かどうかを判断する必要があります。

Categories: 未分類 Tags: